子どもの成長にはその時々に応じた遊びをバランスよく取り入れることが大切です。
イクプルでは、お届け時の月齢や成長具合から必要な遊びをセレクトしています。

おもちゃについて

3か月〜6か月

首が据わり、寝返りができるようになる時期です。動くものを追いかけて見るようになり、さらに目の前のものを掴んだり、口に入れようとしたりと少しずつ手足の動きも活発になっていきます。

  • ベビージム

    ベビージム

    アーチや格子におもちゃが吊り下げられていて、ねんねの多い時期にもしっかり遊ぶことのできるおもちゃです。ゆらゆら揺れるおもちゃを眺めたり、掴もうと手を伸ばしたり、子どもの五感を刺激します。

  • ラトル

    ラトル

    幼い子どもの手にも握りやすく、振ると鈴やビーズの音が鳴って興味を引きつけます。軽くて扱いやすいものが多いため、生まれたばかりの子どものファーストトイとしておススメです。

  • おきあがりこぼし

    おきあがりこぼし

    丸みを帯びた形が特徴的で、どんなに力を加えて倒しても、元通りに起き上がってきます。触れる、倒れる、音が鳴る、起き上がるというシンプルな動きが子どもの好奇心をくすぐります。

  • 布絵本

    布絵本

    様々な触感が楽しめ、子どもに刺激を与える仕掛けが豊富に盛り込まれています。布製で柔らかく、引っ張っても破けにくいため、舐めたり噛んだりしても安心です。

6か月〜1歳

座る、這う、つかまり立ち、伝い歩きなど全身の運動機能が大きく発達する時期です。物を叩いたり、いじったりなど、腕や手も意識的に動かせるようになっていきます。

  • ルーピング

    ルーピング

    ワイヤーはくねくね曲がっていてビーズも不規則な動きをするため、子どもにとってはとても遊びがいがあります。細かい動作が必要なため、自然と手指の器用さが身につきます

  • プルトイ

    プルトイ

    ひもを引っ張ると、特徴的な動きをしたり音を出したりしながら前進します。その動きを目で追い、ハイハイなど前に進もうとする意欲を育みます。歩けるようになると、子どもの後をついていくお散歩のパートナーになります。

  • ベビードラム

    ベビードラム

    手で何かを叩くなど動きが活発になってきたときに楽しめる楽器おもちゃです。感情を豊かにする効果があります。また叩く箇所によって音が変わったり、電子音やメロディなど音の違いにも気づき、好奇心も高めてくれます。

  • 手押し車

    手押し車

    子どもの歩きをサポートするおもちゃです。手押し車を支えとしてまっすぐ歩くことができるため、歩くために必要な体の筋力やバランス感覚を養うことができます。

1歳〜2歳

少しずつ支えなしで歩くことができはじめ、行動範囲が広くなります。全身を動かし、身近なものに触れながら好奇心や探求心を強めていきます。

  • シロフォン

    シロフォン

    叩くことで腕や手の発達を促す効果があります。特に木の柔らかい音色は子どもにも馴染みやすく、音階がしっかりしたもので遊ぶことで音感も鍛えられます。

  • 形合わせ

    形合わせ

    丸、三角、四角など基本的な形から少し複雑な形まで、どの形に合うものなのか目で見て、トライ&エラーを繰り返して遊べるので、観察力や集中力が養えます。

  • 棒通し

    棒通し

    リングを棒に通すシンプルな遊びですが、子どもにとっては集中力が鍛えられる遊びです。その他にも、ひもを通してつないだり同じ色のリングを並べたりと、遊びに変化をもたせられるのも特徴です。

  • スロープ

    スロープ

    坂(スロープ)に球や車を置いて転がすおもちゃで、右に左に転がりながら下っていきます。音を鳴らすなど様々な仕掛けを施しているものもあり、子どもの遊び心を刺激する要素が詰まっています。

2歳〜3歳

大きさや色の違いが分かるようになってきます。またコミュニケーションも活発になり、大人の行動をまねたり、ままごとなどのごっこ遊びをするようになります。

  • ままごと

    ままごと

    大人のまねを遊びに取り入れることで、食事など正しい生活習慣が身につくようになります。また相手がいることで言葉のキャッチボールがうまれ、コミュニケーション能力や社会性が鍛えられます。

  • 積み木

    積み木

    何かに見立てて形を作ったり、積み上げたものを崩してその様子を楽しんだりと、発想次第で無限に遊びを広げられます。積むのに失敗しても何度でもチャレンジできるので、物事に取り組む気持ちや意欲が育めます。

  • ジグソーパズル

    ジグソーパズル

    ピースをつまみ、はめ込んでいく動作を繰り返すことで、集中力や忍耐力が身につきます。まずはピースの少ないものからはじめ、徐々に多いものにチャレンジさせていきましょう。完成させることで達成感を覚え、自信を育むことにもつながります。

  • 木製レール

    木製レール

    はじめは電車をレール上で動かすことに楽しみを覚え、次第にレールやパーツを自由に配置しながら、自分だけの世界を作って遊ぶようになります。指先をたくさん使うので器用さも養えます。

3歳〜4歳

基本的な運動能力のほかに思考力や創造力が備わり、おもちゃを組み合わせたり、身の回りの物に見立てたりして、自分で発展させた遊びを楽しむようになります。

  • マグネットブロック

    マグネットブロック

    三角、四角など様々な形をしたプラスチックの内部に磁石が入っていて、組み合わせることで平面や立体の形を作って遊びます。頭の中でイメージした形を作ることで想像力が高められ、図形の概念なども自然と身につけることができます。

  • バランスゲーム

    バランスゲーム

    積み上げたり、抜き取ったり、ブロックを崩さないように緊張感を持ちながらご家族みんなで楽しめる遊びです。器用さやバランス感覚はもちろん、勝ち負けの経験や順番を守るなど簡単なルールのもとで遊ぶため、社会性を身につけるのにも役立ちます。

  • アルファベットパズル

    アルファベットパズル

    アルファベット順や身近な単語を覚えるなど、繰り返しの遊びの中で英語に触れることで記憶の定着にもつながります。英語学習をはじめたばかりの子どもに最適です。

  • ギアブロック

    ギアブロック

    ギアとブロックパズルをつなぎ合わせ、一つのギアを回せば全てのギアが連動して回るように配置して遊びます。こうしたらこうなるという関係性を遊びを通じて理解し、考える力を育みます